教育全般

教育全般ニュースヘッドライン 2020/04/04

後世畏るべし – 日本教育新聞電子版 NIKKYOWEB


片山 哲也 群馬医療福祉大学講師  義務教育校の教員を退職し、後進の育成ということで、教職(養護教諭)を目指す学生と現役時代とは違う学びの時間を過ごしてきた。その間感じてきたことは、まさに「後世畏るべ
https://www.kyoiku-press.com/post-214659/
2020/04/04 15:01

相模原・さがみ湖温泉うるり
今週の家族旅行は「うるり」相模原で!相模原・さがみ湖温泉うるり|源泉風呂狭いが高濃度炭酸泉は充実!平850休1080は観光地コスパ!広い設備で清潔も、幼児が走り回るファミリ...

パトリアに教育施設 国際医療福祉専門学校七尾校:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)

 七尾市が今年中の改装オープンを目指しテナントを募集しているJR七尾駅前の複合商業施設パトリアに、同市藤橋町の国際医療福祉専門学校七尾校が、教育関連施設を置く…
https://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20200404/CK2020040402000209.html
2020/04/04 10:55

通信教育、料理、ピアノ…選手は自宅待機を有効活用 – ドイツこぼれ話 – 海外サッカーコラム : 日刊スポーツ


新型コロナウイルスの影響により、選手たちが自宅で過ごす時間はこれまでに比べ非常に多くなった。では彼らは、トレーニング以外の時間をどのように有効活用しているのだ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。
https://www.nikkansports.com/soccer/world/column/germany/news/202004040000064.html
2020/04/04 08:27

休憩も大切。家族でいける「日帰り温泉」シリーズ家族でいける「日帰り温泉」シリーズをご紹介します。 大型レジャーにはいけないけれだと、さくっと休養がとれと気分転換ができて、もちろん家...

「Lark」、 教育機関向けに無料提供で遠隔授業などを支援 | ICT教育ニュース


シンガポールに本社を置くテクノロジー企業Lark Technologiesは、同社が提供する統合型コラボレーションツール「Lark」を、国内の教育機関向けに無料提供することを発表し […]
https://ict-enews.net/2020/04/04lark/
2020/04/04 08:34

緊張の入園「友達つくろうね」 松本の市立保育園 | 教育・子育て | 株式会社市民タイムス

緊張の入園「友達つくろうね」 松本の市立保育園の記事ページです。
https://www.shimintimes.co.jp/news/2020/04/post-9155.php
2020/04/04 05:08

教育全般ニュースヘッドライン 2019/12/29中国、セックスワーカーの「拘束と教育」による処罰制度廃止 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News 【12月29日 AFP】中国...

子供向け宇宙クラブ 松本市教委が設立準備 | 教育・子育て | 株式会社市民タイムス

子供向け宇宙クラブ 松本市教委が設立準備の記事ページです。
https://www.shimintimes.co.jp/news/2020/04/post-9154.php
2020/04/04 05:03

【北欧の教育最前線】スウェーデンのレッジョ・インスピレーション | 教育新聞


イタリアのレッジョ・エミリア市(以下レッジョ)では、子供を豊かな学び手である市民として捉え、子供と大人が共同で文化を創造する場として幼稚園・保育所が位置づけられている。レッジョの教育は、その芸術性、創造性、民主性といった側面から世界的に注目を集めており、多くの人々が訪れて、その教育を学んでいる。中でもスウェーデンの教育
https://www.kyobun.co.jp/close-up/cu20200404/
2020/04/04 04:30

アジアの宇宙輸送拠点に 大分空港で小型衛星打ち上げ事業 観光や教育にも活用へ 知事と山崎直子氏ら会見 – 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate

大分合同新聞プレミアムオンライン「Gate」では、大分県内ニュースを中心に速報、イベント情報や世界の主要報道などを掲載しています。
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/04/04/JD0059116689
2020/04/04 03:01

「中高生の予防教育に成果」 県DV総合対策センター所長退任、原健一さんインタビュー|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

佐賀県DV総合対策センター所長を、2007年4月から20年3月まで務めた原健一さん(52)は4月から、武雄市のNPO法人「スチューデント・サポート・フェイス」で生活困窮者の自立支援に携わる。同センターで13年間務めた成果のほか、配偶者や恋人からの暴力(DV)を巡る情勢の変化、今後の課題などを聞いた。 ■注力した取り組みは。 中高生を対象としたDV予防教育を08年から始めた。現在は県内の高校約10校と公立中学校の約半数で開いており、全国的にも実施率は高い。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/508374
2020/04/03 23:51