教育全般

教育全般ニュースヘッドライン 2020/04/06

Contents

「自宅待機は欠席扱いせず」 学校再開前に教育委員会が方針 滋賀


 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、滋賀県教育委員会は6日、県内の学校の大半が8日に再開するのを前に、学校に行かずに自宅待機をしても欠席扱いにしないなど、出欠の取り扱いや部活動に関する注意事項を各県 …
https://www.47news.jp/4691238.html
2020/04/06 21:28

相模原・さがみ湖温泉うるり
今週の家族旅行は「うるり」相模原で!相模原・さがみ湖温泉うるり|源泉風呂狭いが高濃度炭酸泉は充実!平850休1080は観光地コスパ!広い設備で清潔も、幼児が走り回るファミリ...

医師の4割、一斉休校は「メリット大きい」と回答 | 教育新聞


全国の医師の4割が一斉休校は「メリットが大きい」と考えていることが、医師の開業サポートなどを行う、(株)医師のとものアンケート調査でわかった。「小中高の一斉休校によるメリットとデメリット、どちらが大きかったと思いますか」という設問に対し、39
https://www.kyobun.co.jp/news/20200406_01/
2020/04/06 20:20

消費者教育 7割の自治体が教員免許更新講習で実施せず | 教育新聞


教員免許状更新講習で、67.9%の自治体が消費者教育を扱っていないことが、文科省が3月31日に発表した、2019年度「消費者教育に関する取組状況調査」の結果で明らかになった。教職員研修については、61.3%の自治体が消費者教育を扱っていなかった。
https://www.kyobun.co.jp/news/20200406_04/
2020/04/06 20:23

教育全般ニュースヘッドライン 2020/01/01オリパラ「勝手に応援プロジェクト」 東京・千寿桜堤中 | 教育新聞 東京都足立区立千寿桜堤中学校(佐藤豊校長、生徒503人)は、20...

企業・教育向けリモートワークを支援、ATENが提供 – 週刊BCN+

ATENインターナショナルは4月3日、新型コロナウイルス感染症のパンデミック期間での通信作業の課題を克服するために、リモートワークソリューションのシリーズ製品として、プレゼンマトリックスシームレススイッチャー「VP2120」、KVM over IP「CNシリーズ」、USB-C 2ポートUSB 3.1 Gen 2デバイス共有器「US3342」、StreamLIVE HD ポータブルライブストリーミングAVミキサー「UC9020」を導入したと発表した。
https://www.weeklybcn.com/journal/news/detail/20200406_173613.html
2020/04/06 18:25

教育全般ニュースヘッドライン 2020/01/01オリパラ「勝手に応援プロジェクト」 東京・千寿桜堤中 | 教育新聞 東京都足立区立千寿桜堤中学校(佐藤豊校長、生徒503人)は、20...

企業・教育向けリモートワークを支援、ATENが提供 – 週刊BCN+

ATENインターナショナルは4月3日、新型コロナウイルス感染症のパンデミック期間での通信作業の課題を克服するために、リモートワークソリューションのシリーズ製品として、プレゼンマトリックスシームレススイッチャー「VP2120」、KVM over IP「CNシリーズ」、USB-C 2ポートUSB 3.1 Gen 2デバイス共有器「US3342」、StreamLIVE HD ポータブルライブストリーミングAVミキサー「UC9020」を導入したと発表した。
https://www.weeklybcn.com/topics_detail8/id=173613
2020/04/06 17:56

教育全般ニュースヘッドライン 2020/03/18三重県初の女性副知事 教育長の広田氏、4月就任 - 産経ニュース 三重県政史上初の女性副知事に、県教育長の広田恵子氏(61)が4月1...

大阪府LINE教育相談、小中高生を対象に2020年度末まで | リセマム

 大阪府教育庁は2020年4月6日から2021年3月29日まで、府内のすべての小学校、中学校、高等学校、支援学校(政令市立を除く)の児童生徒を対象に、LINEを活用した教育相談を実施する。
https://resemom.jp/article/2020/04/06/55677.html
2020/04/06 17:15

遠隔授業のポイントまとめたガイド公開、日本教育工学会 | 教育業界ニュース「ReseEd(リシード)」

 日本教育工学会は2020年4月2日、「学校と家庭をつなぐオンライン学習ガイド」を公開した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休校で、注目度や必要性が増すオンライン学習について、先生に役立つ情報や留意点などをわかりやすくまとめている。
https://reseed.resemom.jp/article/2020/04/06/78.html
2020/04/06 15:15

【成田市小中義務教育学校休校へ】成田市は4月6日から学校再開としてましたが千葉県知事の方針転換… – 鳥海直樹(トリウミナオキ) | 選挙ドットコム


【成田市小中義務教育学校休校へ】 成田市は4月6日から学校再開としてましたが 千葉県知事
https://go2senkyo.com/seijika/158414/posts/124469
2020/04/06 13:34

新型コロナウイルス・通年採用・online研修…激動する採用と教育環境  中堅・中小企業の『採用・教育の情報収集が難しい』を解決  採用&教育ノウハウを提供する新サイト「H – CNET Japan

新型コロナウイルス・通年採用・online研修…激動する採用と教育環境  中堅・中小企業の『採用・教育の情報収集が難しい』を解決  採用&教育ノウハウを提供する新サイト「HRドクター」4月6日オープン
https://japan.cnet.com/release/30434631/
2020/04/06 15:00

大学倶楽部・産業能率大:東京都教育委員会と高大連携協定 都立総合学科高校との交流・連携促進 – 毎日新聞

 産業能率大と東京都教育委員会は3月30日、都立総合学科高校との交流・連携推進を目的とした高大連携に関する協定を締結した。  同大は経営学の学びを駆使し、企業・自治体の課題解決に挑むPBL(Project Based Learning)など、学生が主体的に学ぶアクティブラーニングの視点を取り入れた授
https://mainichi.jp/univ/articles/20200403/org/00m/100/010000c
2020/04/06 13:00

休校延長に際して、家庭で楽しめる子ども向け教育動画を毎日無料配信。「シンクシンク」のワンダーラボ、毎日10分のプチワンダータイムを配信。:時事ドットコム

[ワンダーラボ株式会社]休校延長が相次いで決定している現状に鑑み、少しでも家庭で過ごす時間が、「知的で、ワクワクする時間」になることを願って、当面の間、5-10歳向けの教育動画の無料配信を行います。子ども向けアプリ教材開発・運営などを行うワンダーラボ株式会社(旧:花まるラボ)(本社:東京都文京区、代表取締役:川島 慶 以下、ワンダーラボ)は、新型コロナウイルスの影響で休校延長が続く現状に鑑み、平日、毎日10分程度の教育動画(プチワンダータイム)を無料配信することを発表しましたので、お知らせ致しま…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000048.000012970&g=prt
2020/04/06 12:15

転ばぬ先の教育判例 学校経営改善のヒントに – 日本教育新聞電子版 NIKKYOWEB

点検・学校施設 上 老朽化、新たな事故を教訓に  年度末に新型コロナウイルス禍などで異例の対応を迫られた学校現場。新年度を迎え、子どもたちの安心・安全は確保されているだろうか。  学校によっては施設の
https://www.kyoiku-press.com/post-series/series-214705/
2020/04/06 10:37

下北沢に「住む・学ぶ」を一体化した居住型教育施設、11月開業 | リセマム

 UDSは、小田急電鉄が開発を推進する「下北線路街」において、「住む」と「学ぶ」を一体化した居住型教育施設(学生寮)を2020年11月に開業する予定。多様な学生や若手社会人が、寝食を共にする中で互いの学び合いを生む、新しい学生寮の形となっている。
https://resemom.jp/article/2020/04/06/55665.html
2020/04/06 11:15

新校長への伝言 2020 – 日本教育新聞電子版 NIKKYOWEB


向山 行雄 敬愛大学こども教育学科長・教授(元全国連合小学校長会会長) 感染症リスクへの対応と学校再開後の授業の在り方 危機は定期的に訪れると覚悟 得た教訓を次の世代へ  「新校長への伝言」の2回目は
https://www.kyoiku-press.com/post-series/series-214697/
2020/04/06 10:14

河川教育に財団が助成 優秀成果を表彰 – 日本教育新聞電子版 NIKKYOWEB

 1988(昭和63)年に「河川整備基金」(現名称は河川基金)が創設され、約30年にわたって河川基金助成事業に取り組んでいる(公財)河川財団。助成期間は1年。毎年秋ごろに応募を受け付け、「学校部門」は
https://www.kyoiku-press.com/post-214717/
2020/04/06 10:36

不易流行 – 日本教育新聞電子版 NIKKYOWEB

◆新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、多くの小・中・高校や特別支援学校が休校を余儀なくされた。休校を受け、子どもたちの学びを守るため、オンライン学習を行うエドテック事業者の多くが児童・生徒個人
https://www.kyoiku-press.com/post-214677/
2020/04/06 09:53

数字が語る日本の教育 虐待の変容 – 日本教育新聞電子版 NIKKYOWEB

 児童虐待というと、子どもを殴る・蹴るというような身体への侵害が想起される。1997(平成9)年度では、児童虐待の52・7%が身体的虐待であった(相談件数の統計)。  しかし、最近は様変わりして、20
https://www.kyoiku-press.com/post-214681/
2020/04/06 10:03

エデュケーショナル・デザイン、STEAM教育を推進する静岡聖光学院と業務提携 | ICT教育ニュース


エデュケーショナル・デザインは3日、静岡聖光学院(静岡県静岡市)と業務提携し、同校の情報課程の授業をプロデュースするとともに、同社のエンジニア、プログラミングスクールの講師陣を派遣 […]
https://ict-enews.net/2020/04/06educationaldesign/
2020/04/06 08:06

一斉休校と学校再開であぶり出された教育現場への過剰な依存(BEST TIMES) – Yahoo!ニュース


萩生田光一文科相が「基本的に学校を再開することが望ましい」と述べたのは、3月31日のことである。この日までに国内で確認された新型コロナウイルス感染者数は1953例にのぼっていた。安倍晋三首相が全国一
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200406-00011542-besttimes-soci
2020/04/06 08:30

遠隔教育、コロナで導入加速へ 学校側に課題、7割意向なし:時事ドットコム

政府は、新型コロナウイルスの影響を踏まえ、インターネットを使った遠隔教育の導入を加速させる方針だ。3日の未来投資会議では、家庭学習の環境整備のため安倍晋三首相がノート型パソコン(PC)など情報端末を2023年度までに生徒1人に1台配備する計画の前倒しを表明。ただ、昨年の全国自治体調査で7割強は「実施する意向はない」と回答し、従来慎重だった学校側の体制整備が急務となる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020040500159&g=eco
2020/04/06 07:17

全米で「フードスタンプ」縮小案 教育現場が大反対の理由 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

アメリカの貧困家庭を支える生活保護の主要な柱として、フードスタンプという80年来の歴史がある仕組みがある。店でパンや果物を買うときに、国から支給されたお金で買い物をすることができるものだ。金券の形で支給されるのだが、地域によっては、プリペイ
https://forbesjapan.com/articles/detail/33455
2020/04/06 06:30

フィンランド教育動向を現地から学ぶ――教育イベント「Educa2020」の報告と教育改革の歴史 (1/2):EdTechZine(エドテックジン)


 学力が高く、幸福度も高いフィンランド。その鍵はどこにあるのか――。現地の大学院で学ぶ田中潤子氏が2月、フィンランドからオンラインで報告会を行った。テーマは1月に開催された同国最大の教育イベント「Educa2020」の報告、そして教育改革の歴史だ。
https://edtechzine.jp/article/detail/3490
2020/04/06 07:00

【0から1をつくる】PBLや探究学習のコツ | 教育新聞


正解のない学びを子供と一緒に創る楽しさを感じてほしい――。世界の先端教育に触れる中で、これからの教育は課題解決型の学びであるべきだと考えるようになったという(一社)FutureEdu代表理事の竹村詠美氏。教員研修なども主催している竹村氏は、PBLや探究学習を行うためには、教員側のマインドセットの転換が必要だと指摘する。
https://www.kyobun.co.jp/close-up/cu20200406/
2020/04/06 04:30

教育の森:高校生の就活ルール 変わるか「1人1社制」の慣行 – 毎日新聞

 <kyoiku no mori>  高校生の就職活動は、解禁日には1社しか応募できない「1人1社制」と呼ばれる独特のルールが慣行として根付いている。職業選択の自由を阻害しているとの指摘もあり、国の検討会議は今年2月、複数社への応募も含めて地域ごとに見直すことを促す報告書をまとめた。ただ、学校や企業
https://mainichi.jp/articles/20200406/ddm/013/100/040000c
2020/04/06 02:00

「質の高い教育」へ NGOがキャンペーン – 毎日新聞

 教育分野のNGOでつくる「教育協力NGOネットワーク」(事務局・東京都)は「SDG4教育キャンペーン2020」を始めた。2015年に国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の17項目のうち「目標4(SDG4)」に挙げられたのが「質の高い教育をみんなに」。その達成の機運醸成につなが
https://mainichi.jp/articles/20200406/ddm/013/100/023000c
2020/04/06 02:00