プログラミング教育

プログラミング教育ニュースヘッドライン 2020/04/08

【練馬区】登校の延期や学童クラブ利用自粛のお願いを受けて、今後の教育ICT利活用を考える。 – 高橋慎吾(タカハシシンゴ) | 選挙ドットコム


こんにちは 練馬区議会議員 たかはし慎吾です。  
https://go2senkyo.com/seijika/166992/posts/124887
2020/04/08 16:57

PlayAI|人工知能(GPT-2)による日本語文章自動作成サービス
人工知能による日本語文章自動作成ツール playaiのご紹介今回は、人工知能による日本語文章自動作成ツール playaiのご紹介です。 人工知能(GPT-2)による日本語の自動文章作成が行え...

日本福祉大とMOPが高等教育におけるデータ活用で協業、その狙いとは | リセマム

 日本福祉大学とメディアオーパスプラス(MOP)は、2020年3月5日より学生の学修成果をより包括的に把握することにより、学生の学修達成を支援するためのデータ分析を共同で進めていくことを発表した。
https://resemom.jp/article/2020/04/08/55718.html
2020/04/08 15:15

休校延長中にも音楽に触れる機会を。ShareWis子ども向けギター講座の無料提供を開始 :時事ドットコム

[ShareWis]オンライン学習プラットフォーム「ShareWis」を運営する株式会社シェアウィズ(本社: 大阪府大阪市、代表取締役 辻川友紀、以下シェアウィズ)は、こまつギターアカデミー(代表 小松孝)と協力し、2020年4月8日から、ShareWis上で販売している子ども向けギター講座を無料で提供いたします。新型コロナウイルスの感染拡大による一部の小学校等での休校延長措置を受け、子どもたちに音楽に触れる機会を提供するために、ShareWisに掲載の子ども向けギター講座「こどものためのギター…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000056.000004979&g=prt
2020/04/08 15:05

プログラミング教育ニュースヘッドライン 2020/02/125G時代に活躍できる子どもを育てる!xR教育推進を目的に小学生対象のVR制作ワークショップ開催 | VR Inside C作業場は、...

休校中の家庭学習に「わくわく」を。STEAM教育領域の新しい通信教育「ワンダーボックス」サービス開始。:時事ドットコム


[ワンダーラボ株式会社]プログラミング教育必修化、新型コロナウイルスによる休校の長期化など、家庭学習のニーズが大きく変化する中で、幼少期の学びの新しい形を提案。感性と思考力を育てる、アプリとキットを組み合わせた通信教育。子ども向けアプリ教材開発・運営などを行うワンダーラボ株式会社(旧:花まるラボ)(本社:東京都文京区、代表取締役:川島 慶 以下、ワンダーラボ)は、通信教育サービス「WonderBox(以下、ワンダーボックス)」のサービスを開始しましたので、お知らせ致します。2020年は教育改革の…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000049.000012970&g=prt
2020/04/08 13:05

ロボレーブ世界大会1年延期 新型コロナ禍 苦渋の決断:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)

 子どもたちがロボットのプログラミング技術を競う「加賀ロボレーブ国際大会」の組織委員会が七日、加賀市のかが交流プラザさくらであった。
https://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20200408/CK2020040802000223.html
2020/04/08 11:57

中学生、必修化前にプログラミングに熱中「反応は抜群」:朝日新聞デジタル

■連載「プログラミング狂騒曲」② コロナウイルスの感染が広がり、休校になる前の1月29日。放課後になると、東京・渋谷の鉢山中学校の技術科室に約30人の生徒が集まってきた。昨年9月から毎月恒例となってい…
https://www.asahi.com/articles/ASN46533BN3BULFA019.html
2020/04/08 08:01

レンタルサーバーの弱点を解決─mrubyで実現したクラウドライクな「ロリポップ!マネージドクラウド」 | IT Leaders

日本発のオープンソースのプログラミング言語として知られる「Ruby」と、その開発フレームワーク「Ruby on Rails」。これらを使ったアプリケーションやサービスの開発が定着して久しいが、企業ITのフィールドで実際にどのように活用され、新たなシステムやサービスが創られているかを知る機会は少ない。本稿では「Ruby bizグランプリ2019」で大賞に選ばれた2つのサービスを2回に分けて紹介する。今回は、オートスケールをユーザーに代わって行ってくれる、クラウドライクなレンタルサーバー「ロリポップ!マネージドクラウド」(開発:GMOペパボ)である。
https://it.impressbm.co.jp/articles/-/19595
2020/04/07 13:20