英語教育

英語教育ニュースヘッドライン 2018/12/17

田村宗立:「洋画の先覚者」 画期的だった回顧展 画業の全容概観 南丹・文化博物館 /京都 – 毎日新聞


 「洋画の先覚者」として知られる画家、田村宗立(そうりゅう)(1846~1918)の没後100年を記念する特別展「田村宗立~リアリティを追求した画家」が10月27日~12月2日、南丹市立文化博物館で開かれた。これまで大規模な回顧展が開かれておらず、代表作の大半を含む約100点を集め、幼少期から晩年ま
https://mainichi.jp/articles/20181217/ddl/k26/040/228000c
2018/12/17 14:27

英語教育ニュースヘッドライン 2020/03/29中学英語記述式、正答率低く課題 県学テ結果公表 /高知 - 毎日新聞  県教委はこのほど、県独自の学力テスト「県学力定着状況調査」の...

【全国学力テスト】中学は初の英語調査、2019年度は4/18実施 | リセマム


 文部科学省は2018年12月14日、2019年度(平成31年度)全国学力・学習状況調査の実施要領を全国の教育委員会などに通知した。2019年4月18日に国・公・私立学校の小学6年生と中学3年生の全員を対象とした調査を実施。中学3年生は新たに英語が加わる。
https://resemom.jp/article/2018/12/17/48200.html
2018/12/17 11:45

「高大接続改革」によって何が変わる? 受験だけで終わらない、これからの社会で生き残るために必要な力とは (1/2):EdTechZine(エドテックジン)


 高校、大学入試、大学の在り方が大きく変わる「高大接続改革」。英語のスピーキングを含む「英語4技能」や記述式問題の導入などの入試改革に目が向けられがちだが、改革の真意は社会に出た際に「変化の激しい社会で生き残る人材」となるための評価・育成だという。そうした受験にどのように備え、「その先」をどう捉えればいいのか。株式会社Z会が考える「受験とその先を見据えた力を育む」取り組みを紹介すると共に、ICT事業部 マーケティング課で「EdTech」を駆使した「未来の学び」に取り組む野本竜哉氏による、これからの「学び」についての考察・示唆を紹介する。
https://edtechzine.jp/article/detail/1533
2018/12/17 07:00

PlayAI|人工知能(GPT-2)による日本語文章自動作成サービス
人工知能による日本語文章自動作成ツール playaiのご紹介今回は、人工知能による日本語文章自動作成ツール playaiのご紹介です。 人工知能(GPT-2)による日本語の自動文章作成が行え...

【生かせ!知財ビジネス】子供の創造性育成 重要な権利教育 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)


本庶佑京大特別教授らが出席した2018年のノーベル賞授与式が11日未明(日本時間)、スウェーデンのストックホルムで華やかに行われた。世界に貢献できる人材を日本か…
http://www.sankeibiz.jp/business/news/181217/bsl1812170500003-n1.htm
2018/12/17 05:00