英語教育

英語教育ニュースヘッドライン 2019/06/25

英語スピーキングの自由発話における多次元評価機能を実装した最新版「CHIVOX(チボックス)」の提供を開始 | ニコニコニュース


英語スピーキング評価AI技術「CHIVOX (チボックス) 」を日本国内で独占販売するアイード株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:宮澤 瑞希、以下 アイード)は、2019年7月1日より、英語スピーキングのオープンクエスチョンと呼ばれる「固…
https://news.nicovideo.jp/watch/nw5547646?news_ref=top_60
2019/06/25 21:15

英語教育ニュースヘッドライン 2019/01/20大学入試:センター試験 57万人挑戦 元号、ふるさと納税出題 - 毎日新聞  大学入試センター試験は19日、全国693会場で始まり、...

ノーベル賞・野依博士「本気で怒っている」日本の教育に危機感(THE PAGE) – Yahoo!ニュース


 「教育の究極の役割は、人類文明持続への貢献だ。加えて、わが国の命運もかかってい
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00010002-wordleaf-soci
2019/06/25 17:31

英語の専科教諭 40校に配置拡大 公立小


 県教委は今年度、英語の専科教諭を配置する公立小学校を昨年度の二十五校から四十校に拡大し、英語教育の充実につなげる。鈴木淳一県教育長が答えた。  二〇二〇(令和二)年度から新学習指導要領に基づき英語教 …
https://www.47news.jp/localnews/3706301.html
2019/06/25 11:11

英語教育ニュースヘッドライン 2019/02/10子供向けのお金の教育が感謝の心を育てる その理由とは | 財経新聞 主婦のやりくりで貯金を増やす方法。 https://www.z...

20年度小学校教員試験、過去10年で最低倍率|教育|青森ニュース|Web東奥


2020年度の青森県内の公立学校教員採用試験(19年度実施)で、小学校の応募倍率が2.1倍(前年3.0倍)となり、過去10年で最低となったことが24日、県教育委員会のまとめで分かった。県教委は民間企業の採用活動が活発化していることなどを要因に挙げるが、現場からは長時間勤務が続く教育現場の実態が敬遠されているとの指摘が上がっている。小学校の倍率は12年度試験の時点で28.8倍あった。当時の採用見込み数は20人と狭き門だった。最近はこれをピークに8年連続で倍率が下落。退職者数の増加を見込んで採用枠…
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/210273
2019/06/25 08:40