英語教育

英語教育ニュースヘッドライン 2019/10/09

【対談】「英語を話せない」ではない。今の英語力でできることからやる:朝日新聞GLOBE+


EFエデュケーション・ファースト・ジャパン サンチョリ・リーさん×GLOBE+編集長・堀内隆 対談グローバル化が進む現在、母国語や文化の背景が異なる人たちと共に生活したり、仕事をしたりする機会は増える一方です。そういう場面でどうしても…
https://globe.asahi.com/article/12763589
2019/10/09 18:05

英語教育ニュースヘッドライン 2019/02/17過酷な入試、ハイテクカンニング、有名CEOの専攻 ── 世界の大学入試を振り返る5本 | BUSINESS INSIDER JAPAN ...

見つけた居場所:松実高等学園から 生徒の自発性重視 興味湧かせる英語教育 /埼玉 – 毎日新聞


 不登校の児童・生徒を受け入れる松実高等学園(春日部市)では、英語の授業も特徴的だ。外国人講師がネーティブな発音で生きた英語を教えるだけではなく、生徒同士の学び合いや、それぞれの生徒の習熟度に合わせた授業を実施している。
https://mainichi.jp/articles/20191009/ddl/k11/100/053000c
2019/10/09 13:35

注目のEDTech(エデュテック)スタートアップ「VIPKID」の資金調達の受難! | GloTech Trends


中国最大の子供向けオンライン英語教育プラットフォームとして著名なEDTech(エデュテック)スタートアップであり、同時にユニコーンとして数えられる「VIPKID」がテンセント主導のもとEラウンド資金調達を実施中である。スタートアップの資金調達が大苦戦の中国において「VIPKID」もその例外でなく、当初5億ドル(540億円程度)だった調達目標も約1億5,000万ドル(160億円程度)に引き下げられたようだ。VIPKIDがこれほど苦戦するとは、中国スタートアップにとってまさに氷河期入りを実感させられる。
https://glotechtrends.com/china-edtech-vipkid-191009/
2019/10/09 13:05

PlayAI|人工知能(GPT-2)による日本語文章自動作成サービス
人工知能による日本語文章自動作成ツール playaiのご紹介今回は、人工知能による日本語文章自動作成ツール playaiのご紹介です。 人工知能(GPT-2)による日本語の自動文章作成が行え...

AKA株式会社、株式会社三省堂と英語教科書コンテンツ提携し、学習コンテンツのさらなる充実化を促進:時事ドットコム


[AKA Corp.]人工知能エンジン及び人工知能ソーシャルロボットを開発しているAKA(アメリカ本社:AKASTUDY LIMITED 米国カリフォルニア州、日本法人:AKA株式会社 東京都渋谷区、代表:Raymond Jung、以下AKA)は、より幅広いレベル英語学習者にコンテンツを提供するため、株式会社三省堂(東京都千代田区、代表取締役社長:北口 克彦、以下三省堂)と英語教科書コンテンツ提供において契約をし、英語学習AIロボット「Musio」(ミュージオ)で使用する学習コンテンツのさらなる…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000041.000017199&g=prt
2019/10/09 10:25

最新事例4つを紹介「ゲーミフィケーショントラック」11/15 | リセマム


 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターにて開催される人材教育・組織戦略の現状と未来を語り合う専門フォーラム「eラーニングアワード2019フォーラム」において、「ゲーミフィケーショントラック」を2019年11月15日に開催する。
https://resemom.jp/article/2019/10/09/52827.html
2019/10/09 09:45

論点:英語民間試験導入の是非 – 毎日新聞


 現在の高校2年生が大学を受験する時から入試の仕組みが大きく変わる。その一つが大学入試センター試験に代わって始まる大学入学共通テスト。英語で初めて民間試験が活用されるが、高校では公立側から「延期・見直し」を求める声が上がっている。一方、私立側は「着実な実施」を要望している。両者の主張を聞いた。
https://mainichi.jp/articles/20191009/ddm/004/070/008000c
2019/10/09 02:04

論点:英語民間試験導入の是非 – 毎日新聞


 現在の高校2年生が大学を受験する時から入試の仕組みが大きく変わる。その一つが大学入試センター試験に代わって始まる大学入学共通テスト。英語で初めて民間試験が活用されるが、高校では公立側から「延期・見直し」を求める声が上がっている。一方、私立側は「着実な実施」を要望している。両者の主張を聞いた。
https://mainichi.jp/articles/20191009/ddm/004/070/008000c
2019/10/09 02:03