教育全般

教育全般ニュースヘッドライン 2020/01/01

オリパラ「勝手に応援プロジェクト」 東京・千寿桜堤中 | 教育新聞


東京都足立区立千寿桜堤中学校(佐藤豊校長、生徒503人)は、2016年度に都教委からオリンピック・パラリンピック教育重点校の指定を受けて以来、生徒が主体的に「誰か」を応援する「勝手に応援プロジェクト」に継続して取り組む。そのユニークな実践の狙いを取材した。
https://www.kyobun.co.jp/news/20200101_01/
2020/01/01 20:20

教育全般ニュースヘッドライン 2020/06/28オスプレイを運用する陸自の輸送航空隊、教育訓練終了 | FlyTeam ニュース 2020年06月28日 20時55分に配信したFl...

車いすラグビーを児童が体験 「どうすればできるか」考えよう | 教育新聞


東京都では、アスリートを学校に派遣し、交流や競技体験を通じて子供たちがスポーツの魅力を知る「夢・未来プロジェクト」を推進している。 車いすラグビーの日本代表選手として3度のパラリンピックを経験し、2016年のリオデジャネイロ大会ではアシスタントコーチとして日本代表を銅メダルに導いた三阪洋行さんが江戸川区立大杉第二小学校
https://www.kyobun.co.jp/news/20200101_02/
2020/01/01 20:21

2020年注目の「中国の新ビリオネア」Part1、教育・製造業関連 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)


中国では、米中貿易戦争や減速するGDP成長率の影響にもかかわらず、2019年に新たに60名のビリオネアが誕生した。彼らは、1人を除いて全員が一代で富を築いた、「セルフメイド・ビリオネア」だ。フォーブスが2019年11月6日に発表した「中国の
https://forbesjapan.com/articles/detail/31313
2020/01/01 15:00

休憩も大切。家族でいける「日帰り温泉」シリーズ家族でいける「日帰り温泉」シリーズをご紹介します。 大型レジャーにはいけないけれだと、さくっと休養がとれと気分転換ができて、もちろん家...

【年頭所感】教育業界のキーマンに聞く2020年…教育改革への想い | リセマム


 教育業界の未来を、業界のキーマンはどのように見ているのか。教育関連企業の代表や有識者の方々に、2020年の年頭所感をお寄せいただきました。
https://resemom.jp/article/2020/01/01/54077.html
2020/01/01 09:45

大久保俊輝の「休み中に考えたい学校問題」 – 日本教育新聞電子版 NIKKYOWEB


LGBTを考える  性自認と性的志向に分けてLGBTを理解するヒントとして、多くのカテゴリーから、その代表的なものを説明してきた。  さらにその説明を当事者にして頂き、その後、当事者のXジェンダーと自
https://www.kyoiku-press.com/post-series/series-211095/
2020/01/01 09:11

北留学生に反体制教育、韓国団体が中国各地の大学で | オピニオンの「ビューポイント」


海外ネタで差を付けよう!多彩なオピニオンやコラムを紹介。小ネタも満載。論調は保守。中国・朝鮮半島絡み、トランプ米大統領、安全保障、沖縄問題に強い。マスコミ批判、共産党ウォッチにも定評あり!本格的な保守情報をゲット!
https://vpoint.jp/world/korea/150208.html
2020/01/01 07:06

資質・能力の育成と授業改善 3つの視点の実践を見直す | 教育新聞


教育新聞論説委員 寺崎 千秋全面実施から完全実施に向けて準備はできているか小学校は20年度から新学習指導要領が全面実施となる。目指すところが漏れなく確実に実現できるか、すなわち完全実施できるかが問われる。以下はこの3年間の移行期間に取り組まれた主な事柄である。 ▽「社会に開かれた教育課程」の編成
https://www.kyobun.co.jp/commentary/c20200101_03/
2020/01/01 04:32

新しい授業観で意識改革 学力向上、働き方改革の推進も | 教育新聞


教育新聞論説委員 細谷 美明試行錯誤の1年に4月から小学校で新学習指導要領に基づく教育課程が本格的に実施される。「主体的・対話的で深い学び」による授業改善はもとより、新しく加わる英語科やプログラミング教育、さらに地域の幼稚園・保育園や中学校との交流・連携をはじめとする地域の教育資源を活用し展開する「社会に開かれた教育課
https://www.kyobun.co.jp/commentary/c20200101_02/
2020/01/01 04:31

バランスのとれた学習指導を 教育の基調を踏まえた取り組みで | 教育新聞


教育新聞論説委員 工藤 文三4月の新年度から新教育課程が、小学校をはじめとして順次実施に移される。資質・能力の重視、主体的・対話的で深い学び、カリキュラム・マネジメント、各教科等の見方・考え方を働かせた学習等が、実践課題となる。ただ、これらの改訂のポイントにかかわらず、教育の基調は、児童生徒の実態や特性を踏まえた学習指
https://www.kyobun.co.jp/commentary/c20200101_01/
2020/01/01 04:30

防災・医療福祉・教育の先駆事例 チーム鶴見の力! 横浜市会議員 東みちよ(自民党) | 鶴見区 | タウンニュース


ワンチームの勝利! 昨年のラグビーワールドカップ以来、私達はチーム力の大切さを見直すようになりましたが、鶴見区では防災、医療福祉、教育など様々な分野で、既にチーム力が課題解決に活かされています。  特に昨年は台風19号による洪水警報も発令され、鶴見区内では約2800人もの方が避難されましたが、大きな混乱もなく過…
https://www.townnews.co.jp/0116/2020/01/01/511848.html
2020/01/01 00:00

高校教育でじわり浸透 課題研究や実習の題材に | 横須賀 | タウンニュース


世界的に注目度が高まっている「SDGs」の取り組み。市内高校の教育現場でも、徐々に浸透し始めている。市内のほとんどの高校で社会科や総合的な学習の時間に題材として扱われているほか、文化祭や生徒会活動などでも実践。その中から特徴的な取り組みをピックアップした。市立横須賀総合 市立横須賀総合高校では2015年頃から、平和や国際…
https://www.townnews.co.jp/0501/2020/01/01/512199.html
2020/01/01 00:00