教育全般

教育全般ニュースヘッドライン 2020/01/03

ロボット作りでSTEAM教育 川口市立安行小学校 | 教育新聞


テクノロジーの進化により、社会が急速に変化する中、幅広い分野で新しい価値を提供できる人材を育てるため、STEAM教育のような教科横断的な学びの推進が求められている。
https://www.kyobun.co.jp/news/20200103_01/
2020/01/03 20:20

教育全般ニュースヘッドライン 2020/07/27ビジネス教育プロジェクターマーケット2020:最近の傾向と需要で巨大な成長を目撃 – kamome "最新の調査レポート:ビジネス教...

【インクルーシブ教育最前線】知的障害受け入れ全県へ 教育環境を整備 神奈川県教育長に聞く:時事ドットコム


県立高校普通科3校に、知的障害のある生徒が入学しやすい仕組みを取り入れた神奈川県。県教育委員会は2020年度から、インクルーシブ教育実践推進校を14校に増やして全県をカバー。募集人数は、毎年最大300人近くになる。桐谷次郎教育長は「選択肢を増やし、一人一人に合った教育環境をつくりたい」と話す。(横浜総局・田幡 秀之)◇「多様な学び」創る -知的障がいの生徒受け入れの経緯は。 これまでにも県立高校では、障害があっても意欲があり志願する子どもたちについては可能な限り、受験などで一定の配慮をして、合格…
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019122400912&g=soc
2020/01/03 19:00

【谷光利昭医師】薬物依存症では取り巻く人の教育も大切 ある良書から得た学び/ドクター備忘録/オピニオンD/デイリースポーツ online


 薬物についての報道が絶えない昨今、良書に巡り合えました。「薬物依存者とその家族、回復への実践録」です。この本は、かつて薬物常習者で依存症だった元暴力団組長の岩井喜代仁さんが執筆しています。「えっ!?」と首をかしげる人もいるかもしれません。このような経歴の人が書いた本を信用して大丈夫か?と思われたかもしれません。しかし、医師の立場から見ても参考になりました。また、薬物依存症のこと以外にも人生の指針となることが書かれています。 岩井さんは「ダルク」の施設長です。ご存知の人も多いと思いますが、「ダルク」は、薬物依存症の人が病院から出たあとにサポートをする施設です。薬物依存症は「病気」であり、自分では克服できないという考え方がこの施設の大きな理念です。自分では治せないので、仲間や家族と一緒に薬を使わない日を持続させていこうという考えです。
https://www.daily.co.jp/opinion-d/doctorqa/2020/01/03/0012999657.shtml
2020/01/03 14:00

相模原・さがみ湖温泉うるり
今週の家族旅行は「うるり」相模原で!相模原・さがみ湖温泉うるり|源泉風呂狭いが高濃度炭酸泉は充実!平850休1080は観光地コスパ!広い設備で清潔も、幼児が走り回るファミリ...

國學院久我山vs昌平、静岡学園vs今治東中等教育学校など 3回戦第1試合 | 高校サッカードットコム

國學院久我山vs昌平、静岡学園vs今治東中等教育学校など 3回戦第1試合
https://koko-soccer.com/news/5-koukousoccer/19727-2020010304
2020/01/03 11:26

『三ない運動』撤廃の埼玉、バイクで高校生に「責任とリスク」教育 | レスポンス(Response.jp)

1980年代以降、「高校生活にバイクなんて要らない」と全国高等学校PTA連合会にて推進してきた『三ない運動』(免許を取らせない、買わせない、運転させない…)。
https://response.jp/article/2020/01/03/330316.html
2020/01/03 11:00

休憩も大切。家族でいける「日帰り温泉」シリーズ家族でいける「日帰り温泉」シリーズをご紹介します。 大型レジャーにはいけないけれだと、さくっと休養がとれと気分転換ができて、もちろん家...

大久保俊輝の「休み中に考えたい学校問題」 – 日本教育新聞電子版 NIKKYOWEB


障害ある子の親に接する  障害のある子どもの入学を前に、普通級か支援級か迷っている親が多く存在している。できれば普通級に入れたいと親は思う。的確に対応しないと、スタート時からトラブルになる。行政はここ
https://www.kyoiku-press.com/post-series/series-211099/
2020/01/03 09:07

私立中の学費は公立の2.8倍 教育費は20年間のマラソン、ペース配分を考えて〈どんぶり一家のマネー術〉 | 子育て世代がつながる | 東京すくすく ― 東京新聞


主婦の財子(ざいこ)さん(39)と会社員の夫の経男(つねお)さん(42)、長男税太(ぜいた)くん(4つ)、長女貨保(かほ)ちゃん(0歳)のどんぶり家。一家のお金の悩みにFP陽子さんが助言するコーナーです。短期留学、部活の遠征……
https://sukusuku.tokyo-np.co.jp/education/25278/
2020/01/03 06:00

子供たちの格差 学校は正面から対応を | 教育新聞


教育ジャーナリスト 斎藤 剛史習得した知識の量よりも思考力の育成やアクティブ・ラーニング(AL)などをより重視する新学習指導要領が、2020年度の小学校から順次実施に入る。本格的な「21世紀対応型」の学習指導要領の実施により、日本の学校教育は名実共に新たな段階へと移行することになる。
https://www.kyobun.co.jp/commentary/c20200103_02/
2020/01/03 04:31

明るい兆しはない教育界 膿を出し切る覚悟を持って改善 | 教育新聞


千葉大学教育学部教授 藤川 大祐学校現場に強い批判が集まる教育界の2019年は、制度と組織の限界が露呈した年であった。 まず、教員の「働き方改革」が大問題となった。いわゆる働き方改革法の施行などで社会的に働き方の問題が注目される中、時間外手当が支給されず長時間労働が常態化している教員の働き方がようやく本格的に取り上げら
https://www.kyobun.co.jp/commentary/c20200103_03/
2020/01/03 04:32