英語教育

英語教育ニュースヘッドライン 2020/01/19

パートナーに1000万円持ち逃げされた“しくじり実業家” フィジーで草食系の英語留学を運営するワケ|まいどなニュース


こちらがレッスン風景 新しい年を迎え、今年こそ語学をマスターしようと考えている人は多いのではないか。特に英語は現在のビジネスシーンには不可欠。しかも今年は東京オリンピックイヤーということもあり、外国人と接する機会もおのずと増えるはず…
https://maidonanews.jp/article/13041192
2020/01/19 17:00

英語教育ニュースヘッドライン 2018/06/11大学に文系学部は不要?文系の仕事は消える?青山学院大学学長が警告 少子高齢化、人口減少のなかで大学は全入時代に突入しようとしている。...
休憩も大切。家族でいける「日帰り温泉」シリーズ家族でいける「日帰り温泉」シリーズをご紹介します。 大型レジャーにはいけないけれだと、さくっと休養がとれと気分転換ができて、もちろん家...

センター試験2020英語の分析速報 大学入試、難易度は | 学校・教育 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE


2020年大学入試センター試験1日目は1月18日、公民と地理歴史、国語、外国語が行われた。大手予備校河合塾による各教科科目の問題分析を速報する。英語の分析は次の通り。外国語【英語】 難易度、分量、出題傾向に関しては、いずれも昨年から大きな変化はなかった。 読解問題の第5問は、はぐれた飼い犬を探しに行った山で老人と出会ったという話であり、問5は筆者の感情の変化を問う設問であった。共通テストの試行調査でも同様の趣旨の設問が出題されている。
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1012339
2020/01/19 14:12

リスニング全国で109人やり直す 不具合や目覚まし鳴る、センター試験2020英語 | 学校・教育 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE


最後の大学入試センター試験が1月18日、全国689会場で始まった。英語のリスニングでは、試験中に受験生の目覚まし時計が鳴ったり、ICプレーヤーの不具合の申告があったりして、91会場の109人が試験終了後に中断部分からやり直す「再開テスト」を受けた。 例年、受験者数が最も多い外国語(筆記)は、志願者の93・1%の51万9303人が受験し、英語のリスニングは91・8%の51万1936人だった。国語は89・3%の49万8200人、地歴・公民は80・8%の45万584人が受けた。
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1012623
2020/01/19 01:45

英語教育ニュースヘッドライン 2018/06/11大学に文系学部は不要?文系の仕事は消える?青山学院大学学長が警告 少子高齢化、人口減少のなかで大学は全入時代に突入しようとしている。...
休憩も大切。家族でいける「日帰り温泉」シリーズ家族でいける「日帰り温泉」シリーズをご紹介します。 大型レジャーにはいけないけれだと、さくっと休養がとれと気分転換ができて、もちろん家...

センター試験2020英語の分析速報 大学入試、難易度は | 学校・教育 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE


2020年大学入試センター試験1日目は1月18日、公民と地理歴史、国語、外国語が行われた。大手予備校河合塾による各教科科目の問題分析を速報する。英語の分析は次の通り。外国語【英語】 難易度、分量、出題傾向に関しては、いずれも昨年から大きな変化はなかった。 読解問題の第5問は、はぐれた飼い犬を探しに行った山で老人と出会ったという話であり、問5は筆者の感情の変化を問う設問であった。共通テストの試行調査でも同様の趣旨の設問が出題されている。
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1012339
2020/01/18 19:45