英語教育

英語教育ニュースヘッドライン 2018/02/25

「キッズの英語教室」に続々と新規参入のワケ 小学校の「英語」が変わる|ビジネス+IT


2020年度からの新しい学習指導要領で、初めて英語に触れる「外国語活動」の授業が2年早まって小学3年生からとなり、5年生からは英語が正式な教科になって成績がつく。国も追認した「英語は早期教育が重要だ」という流れを受けて、今後、需要が高まりそうなのが「キッズの英語教室」だ。大手の英会話教室も教育産業も、まったくの異業種も「ビジネスチャンス到来」とみて、参入障壁がなくイニシャルコストも低く、短期間で成長が見込めるこの分野に続々参入している。
https://www.sbbit.jp/article/cont1/34623
2018/02/25 08:14

英語教育ニュースヘッドライン 2020/08/12本田圭佑、英語を駆使しボタフォゴのYouTubeで大いに語る。その内容は?(Number Web) - Yahoo!ニュース  ボタ...