プログラミング教育

プログラミング教育ニュースヘッドライン 2020/02/28

AI×アダプティブラーニング「すらら」のIDを無償提供、新型コロナの影響で休校する学校を支援:EdTechZine(エドテックジン)

 すららネットは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にともなって休校する全国小中高等学校を対象に、同社のアダプティブな対話式ICT教材「すらら」のIDを、3月31日まで無償提供する。
https://edtechzine.jp/article/detail/3361
2020/02/28 17:55

プログラミング教育ニュースヘッドライン 2019/12/27trackと奈良先端科学技術大学院大学の共同研究論文『新人研修がソースコード品質に与える影響の調査』が、ソフトウェアエンジニアリングシン...

Pepperで子どもたちの防災意識を高める プログラミングツールを使った防災授業(地方創生・福岡県飯塚市) – ITをもっと身近に。ソフトバンクニュース


福岡県飯塚市はソフトバンク、ソフトバンクロボティクスと合同で防災や減災に関する教育プログラムで連携を行っており、豪雨など自然災害からの被害を最小限におさえるための必要な知識習得を目的に、飯塚市内の小中学校に人型ロボット「Pepper」を教師補助役とした防災授業を実施しています。 これは福岡管区気象台による監修の下で、教員がPepper向けの教育用プログラミングツール「Robo Blocks(ロボブロックス)」で授業プログラムを簡単に制作できる「Robo Blocks スクールテンプレート」を活用されているものです。 防災授業とは? Pepperが授業の進行役を担当。Pepperとのやり取りを通…
https://www.softbank.jp/sbnews/entry/20200228_03
2020/02/28 16:00

ペッパー活用、プログラミング発表会 飯塚・上穂波小が全国銀賞 3年連続上位入賞の快挙 /福岡 – 毎日新聞

 人型ロボット「ペッパー」を使ったプログラミング学習の成果発表会で、飯塚市筑穂元吉の市立上穂波小(平山直詞校長)の6年生チームが小学校部門で全国2位の「銀賞」に輝いた。上穂波小チームは2017年度に銅賞、18年度は銀賞で、3年連続上位入賞の快挙。市役所を訪れて片峯誠市長、西大輔教育長に報告した。
https://mainichi.jp/articles/20200228/ddl/k40/100/303000c
2020/02/28 15:41

プログラミング教育ニュースヘッドライン 2019/11/12湘南工科大学が「2019年度湘南工科大学市民講座~プログラミング体験~」を実施 -- 藤沢市民の生涯学習を推進 - CNET Japan...

ハウジング・トリビューン Vol.594(2020年4号) – Housing Tribune Online


Housing Tribune Online (ハウジングトリビューンオンライン)は、住宅産業の専門誌「ハウジングトリビューン」の 創樹社が運営する、住宅産業・住生活産業情報のウェブマガジンです。住宅、不動産、行政、建材、設備に関するニュース・解説、インタビュー、オピニオンを毎日配信。住宅市場の動向・トレンドは「より確かで」「広く」「深く」「一歩先行く」記事を提供するHousing Tribune Online で。
https://htonline.sohjusha.co.jp/594/
2020/02/28 12:57

「理科や算数だけを学ぶ授業はない」…インターナショナルスクールの初等教育の授業は一味違った – FNN.jpプライムオンライン

FNN.jp編集部 年々関心が高まっているインターナショナルスクールの授業内容を取材  授業で教科書の使用は一切なし。幼稚園からiPad、4年生からはMacBookを授業で使用 「なぜ自分は勉強してい
https://www.fnn.jp/posts/00050279HDK/202002281130_FNNjpeditorsroom_HDK
2020/02/28 11:30

休憩も大切。家族でいける「日帰り温泉」シリーズ家族でいける「日帰り温泉」シリーズをご紹介します。 大型レジャーにはいけないけれだと、さくっと休養がとれと気分転換ができて、もちろん家...

「教えない」授業で先生は何をすればいい? 長谷戸小学校公開授業レポート (1/2):EdTechZine(エドテックジン)


 「プログラミング教育」研究協力校の指定を受けている渋谷区立長谷戸小学校の副校長 望月伸司先生は、プログラミング教育必修化にあたり「教員が、正しくきちんと教えるということに固執してしまい、できない生徒を作ってしまうのは避けたい。授業を通して、プログラミングは楽しいと思えるきっかけを与えることが大切」という考えのもと、小学3年生の児童を対象に公開授業を実施した。本稿ではその模様をレポートする。
https://edtechzine.jp/article/detail/3258
2020/02/28 07:00

Appleのティム・クックCEO、ARを使った教育プログラムを米アラバマ州で発表 – iPhone Mania

  米アラバマ州バーミングハムを訪問したAppleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、現地の非営利組織と共同開発した、拡張現実(AR)を使用して公民権運動の歴史を学べる教育プログラムを発表しました。 公民権運動の歴史を学べるAR教育プログラム
https://iphone-mania.jp/news-275821/
2020/02/28 05:54

プログラミングロボットでパズルを解いてプログラムのスキルをゲット。次世代トイツール「Tangiplay」 – Engadget 日本版

プログラミングの冒険に出発! Tangiplayは学習おもちゃで、アプリと連動します。お子様に魔法のような驚きの瞬間を! \ CLICK!!! / Tangiplayは、120種類のパズルを解きながらプログラミングスキルを身につけることができる学習型トイツールです。 対象年齢は4歳~12歳で、遊びながらプログラミングロジック、空間を正しく認識できる能力、筋道立てて考える力、物語を創造する力や問題解決スキルを自然と身につけることができます。
https://japanese.engadget.com/jp-2020-02-27-tangiplay.html
2020/02/28 06:02